カードローン在籍確認はどうやって行われる?

カードローン比較してお金を借りる事を申し込めば、つまりカードローンを利用したいと金融機関に申し込めば、在籍確認というものが行われます。在籍確認とは、申し込み者が勤務先で実際に働いているかどうかを確認するものです。それでは、在籍確認は実際にはどうやって行われるのでしょうか?
在籍確認は、金融機関が申し込み者の勤務先に電話をかけます。そこで、もちろん応対すれば実際に勤務しているとわかります。しかし、応対しなくても席を外しています、という回答でも勤務していることは確認できますので、そこで在籍確認は終了します。また、金融機関がその名前を名乗って電話をかけてくることもありません。担当者の個人名を名乗ってくれますので、カードローンをしようとしている、と社内で分かってしまう心配もいりませんね。
ただし、どうしても電話をかけてきてもらっては困る、という方もいらっしゃるでしょう。しかし勤務しているという実態が分からなければ、お金を貸して返済されなかったら困るのは金融機関です。そのため在籍確認が取れないと、審査にも通らないということになってしまいます。ごく一部のカードローン会社などでは、そんな際に社員証の写しなどで在籍確認の代わりとしてくれるケースもあるようですが、一般的な方法ではありません。
現在のところカードローン商品では、モビットのWEB完結申し込みなら、在籍確認を電話で行う代わりに給与明細書の提出などで行うようになっています。ただし、WEB完結申し込みを利用するためには、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていること、健康保険が社会保険であることなどの条件があります。条件を満たしていれば、勤務先への電話連絡や郵便物などなしで利用できるようになります。ただし、審査の状況などによっては、電話による在籍確認などが行われることあります。

自営業者は消費者金融を利用できない?

資金使途の項目を確認してみると「事業性のある融資以外は自由」と記載されていることが多くあります。
それでは自営業者は消費者金融を利用できないのでしょうか。
自営業者の場合、事業性のある融資に利用するのか、それともプライベート資金として利用するのかの判別が難しいという現状があります。
そのため自営業者は専用のキャッシングを探さなくてはなりません。
プロミスであれば自営者ローンがあります。
自営業者だけが利用できる専用のキャッシングではありますが、通常のキャッシングと内容は変わりありません。
しかも事業性のある融資に利用しても、プライベート資金に使っても構いません。
自営業者だからと言ってキャッシングができない、そんなことはありません。